生誕50周年


昨晩の会話

「朝、早起きして呼子にイカ食べ行こうや!」

うわ~何年振りかね? わくわく♬

イカ 
(お借りしました)

いやいや

どうせ呼子に行くなら快晴の時がいいよね、海が綺麗だもんね~

予報は晴れのち雨。

じゃ、ここは優しく

梅の花のランチなんてどうよ?
梅の花 
(お借りしました)

ま、起きてから考えよう!おやすみ~~

が、

起きると頭痛、ふらつき、動悸(T_T)

関節も痛い。寝違えた?右の手首が痛すぎる。

あ、昨夜お酒飲んだから?ときどきお酒飲んだら翌日関節痛がある。

テンションダダ下がり↓↓

しばらくゴロゴロしたり掃除したり軽くストレッチ。

ちょっと復活。でも梅の花に行く元気は失せた。

「こんな時はカレー食べるといつも元気になりよるばい」と

またまたビミナン(笑) どんだけ好きなん♡

そう、今日は生誕50周年記念

日曜日なので「ランチ」を豪華に~!だったのです。

fc2blog_20170326133711ae8.jpg 

いいです!ビミナン。裏切りません。

半世紀の始まりにふさわしい。スパイシー!

汗かきかき 浄化されたよね。

P子から貰ったお食事券は勿体ないのでGWにでも♬


うわ~旦那はんありがとばい!!

予約しててくれたのね~ ジャックやん(≧◇≦)

fc2blog_20170326193003d00.jpg 

ここ数年

彼はローソクの数を間違えていましたがw

さすがに50歳 分かり易い。

fc2blog_201703261924031f5.jpg

次女ちゃんも足元で歌ってくれました♪ 多分。(笑)

fc2blog_20170326210419e3c.jpg

毎日を丁寧に生きる。

こんな平凡な日々に感謝して

ロウソク ふぅーッ。

母が夢に出て来た

現実は失語症なのに夢の中ではたくさん喋った。

産んでくれてありがとう。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

お誕生日おめでとうございます。

いか!今、高いよね~~。スーパーであの値段(昨日するめいか一杯598円だったよΣ(・ω・ノ)ノ!)呼子でスケスケのいか食べたらどのぐらいするんだろう…と野暮なこと考えちゃいました(´・ω・`)

カレーで復活できましたか?いろいろ微妙な体質になるお年頃だからお大事にね。

おめでとうございます♪

生誕50周年、おめでとうございますっ!
これからも美味しく楽しく飲んで食べれるよう、
心と体をいたわって下さいね。

誕生日の夢にお母様、
いちごのバースデーケーキ、
旦那様とのバースデーランチ、
どれも全部ステキです。

Re: No title

>ままさん、こんばんは。

ありがとうございます(≧◇≦)

ほんと、いろいろ微妙な症状に悩まされるお年頃でございます
なんてったって更年期。幸年期になるよう頑張るわ。

イカ食べ損なった(-_-;)
呼子のイカは本当に美味しいよ~
スケスケのイカ~~
本州より多分お手頃価格かと。最後のゲソ揚げまで旨いっすよ!

Re: おめでとうございます♪

>izumimさん、こんばんは。

ありがとうございます(≧◇≦)

食べて呑んで喋って(笑)
やりたいことが一杯の50才春でございます
無理せずぼちぼち還暦への道を進みますw

皆さまのお陰で素晴らしい生誕祭となりました
感謝、感謝です。
車椅子の母が夢では走っておりました。

遅ればせながら

お誕生日おめでとう!!
私の子供の頃からの友達にも4月3日生まれの子がいて、あとちょっとで50才。ン?!
私てっきりゆるままさんは私と同学年だと思っていましたが、1個上だったのね。お姉さん(笑)

今ね、「肉子ちゃん」を読んでます♪遅くなったけど。まだ前半だけど、本来の自分は肉子ちゃん的な要素が強めの人間なので、何やろう、心が救われています。空気読むとか考えてなくて良く言えば天真爛漫に生きてて、それでも愛されていた子供の頃の(これがたぶん本来の自分よね)自分を思い出して、あの頃の自分をそのまま今出したらどうなるかな? とか読みながら考えたりしてます。ちょうど昨日落ち込む事あったしね(苦笑)

まあナニはともあれ、いいお誕生日になったみたいで良かった。お母さんもお祝いしてくれたんやね、きっと。

Re: 遅ればせながら

>マナサビイさん、こんばんは。

ありがとう(≧◇≦)
母まで夢に出て来ていい誕生日になりました。

そうなのよね~あたし早生まれだから…
よく学年の勘違いが発生するのよ(笑)
そう、「ひとつおねぇさんなのね」って気付かされる瞬間があるw
50才か~早いな。

肉子ちゃん寄りのマナサビイさんが意外!!
めちゃくちゃ空気読んでる感あったから~。
実は私も先日の「死んでしまいたい事件」の夜に肉子ちゃんを枕元に置いて寝ました。
ほんの5~6頁読んだら心底おかしくなって、肉子ちゃんに守ってもらえてる気すらしてきます。
小説の世界の肉子ちゃんが私の中では生きてます。
肉子ちゃんの存在感は半端ないです!
いつも語尾に「!」が付いてる肉子ちゃんに元気と愛を貰ってます
なんだか、肉子ちゃんの話になるとついエキサイトしちゃう(笑)

うんうん、落ち込んだら肉子ちゃんが幸せにしてくれる絶対に(^_^)v